© 新しい日常を創るためのベースキャンプ All rights reserved.

89dbaa454e21fe95a2ec1b321c2a46dd

ドッチーボールは暴力? 子どものあそびの現場から一言

Yahoo!ニュースに「ドッチボールは暴力」に賛否という記事をみかけました。なんでも炎上トピックになっているそうですが、そういうことには距離を置いて、子どもたちと20年以上あそんできた経験から、考えたことと、ちょっとした解決策を提案してみたいと思います。ちなみに、元となったツイートやブログも読みました。うなづける部分がたくさんありました。

どんな「あそび」でも「暴力」になり得る

ドッチボールに限らず、どんな「あそび」でも、やり方次第では「暴力」になる。
「ドッチボール」は、ボールを投げて当てるというあそびだから、それがわかりやすいだけだ。もっとトラッドは「Sケン」などは、ルールそのものが肉弾戦を想定しているので、そういう意味では“暴力的な”あそびかもしれない。

ただ、実際のところ、ぱっと見ただけでは、なにが起こっているのかは、なかなか分からない。

昭和っぽい「揉まれて育つ強く元気な子ども」という子ども像がある。それは理解できるし、いまでもそういうパターンはある。たくましい子どもはたくさんいる。しかし、これは「そういう子もいる」というレベルの話で、一般化はできない。

「子ども」を論じられるとき忘れられがちなことに、「大人にもいろいろな人がいるように、子どもにもいろいろな子がいる」という前提がある。これだけは、いつも忘れずにいたい。

あなただって、「大人なんだからこうだろう」などと、ひとまとめにされたくはないだろう。

ちゃんと覚えてる? ドッチボールの思い出

僕はドッチボールというと、小学3年生くらいのときの自分を思い出す。
ざらっとした堅めのボールの質感。砂まじりの風。ボールが当たったときに痛さ、怖さ。そして、うまくキャッチできるようになったときの高揚感。

僕はクラスのすみっこの方、いじめるといじめられるなら、どちらかというといじめられるに近いところに居た。小学校に入学する前から空手の道場に通っていたが、それは両親が、ひ弱な僕を案じてのことだった。そんなわけで、ドッチボールのときには、いつもハラハラドキドキしていた。

いつも逃げ回っていて、(いまでもこういう子は多いが)逃げるのが上手く、最後の一人に残ることもしばしば。
最後の一人になると、同じチームから能力以上の期待をされ、当てられてしまうと、がっかりされる。困ったものだ。

ボールが取れるようになったのは、あるコツが分かったからだ。それは、よけるのではなく、取りにいくこと。正面でボールをキャッチしようとすると、姿勢が安定して、ボールを取りやすくなる。それまでは、逃げようか、それとも取ろうか、という感じで手を出していたから、ボールをうまく取れなかったのだ。

ちなみに、「最後の一人」になるコツは、ボールをキャッチしようとしないことと、とにかくがんばってよけることだ。
子どもたちのドッチーボールの場合、少しコートが広めにとってあると、最後の一人を遠くから狙って当てるのは難しい。だから、特によけるのが上手ということではなく、ボールを取ろうとせず逃げまくる子は、最後の一人になりやすいのだ。

子どもとかかわる指導者は、自分が子どものときどんな気持ちだったか、よく思い出してみるといい。
別にそれを活かすとかではなく、それだけで、少しだけ子どもに近づける。

救世主はコレ! キャンディボールを使ってみて!

キャンディボール

れんげ舎の子どもの活動は、男女混合どころか、小中学生にわれわれ大人がまじってガチあそびしているので、あるボールを使っている。異年齢であそぶなら、このボールがいいですよ。大好きです、キャンディーボール。

ちょっとメタリックな色味で、何色かある。ただ、購入するときには、類似品(?)もあるので注意。
似たようなカラフルなゴムのボールでも、別メーカーのボールはやわらかすぎて、幼児が転がして一人遊びをするくらいならいいが、小学生以上が集団あそびをするときには向かない。

キャンディーボールは、それなりにウエイトがあるので、コツをつかめば体重を載せて遠くまで投げることができる。でも、至近距離で顔に当たってしまっても、びっくりはするが、ほとんど痛くない。「当たって痛い!」という恐怖心がなくなっていくので、いろいろな子の参加のハードルが下がる。

また、「当てたら泣いちゃうかな…」とか「痛がるかな…」なんて思っていると、速いボールが投げられる子は手加減せざるを得ず、そうなるとあそびがおもしろくなくなってしまう。異年齢集団でのあそびの場は、小さな子に体力レベルを合わせてしまうと、あそびそのものがおもしろくなくなってしまうのだ。だからこそ、工夫が必要だ。

別に製造メーカーのまわし者ではないのが(笑)、体力差のある集団で使うなら、キャンディボールを試してみてほしい。

子ども時代の「孤独」を忘れずに

子ども時代には、いつも大勢であそんで楽しかっただけではなく、子どもだからこそ感じた孤独感があった。
かくれんぼをしているときに味わった孤独感。みんなのなかにいて、自分がなじめたかったときに孤独感。だれにも言えない不安、出来事、受け止めきれないたくさんの新しい経験。それらは、子どもの孤独といつも隣り合わせだ。メルマガ「場づくりのチカラ」バナー

大人が一番忘れがちなのは、もしかしたら、この孤独感かもしれない。
僕は夏休みのセミの鳴き声だって、孤独感のなかで聴いた。

時代が大きく変わったから、自分のときの子どものときの経験を、いまの子どもたちに当てはめられない。役に立たない。でも、だからこそ、自分が子どもだったとき、一人きりで感じたこと、考えたことを、大切に覚えていてもいいのではないだろうか。

 

Comments

comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


場所と場は別物

場所と場はべつもの。大切にすべきなのは?

NPOや市民活動団体のもっともよくある悩みは、 「活動の場所がない」というものだそうです。 みなさんは、活動の場をどう考えていま…

地域の居場所づくり

子どもから高齢者まで? 「地域の居場所づくり」の盲点

「地域の居場所」を作ろうという活動は、かなり前からさかんです。 社会福祉協議会などは「地域サロン」などの居場所づくりを推進していますし、市…

オトパ201503

未来の仲間のみつけ方 〜団体と市民はどう出会うのか?〜

八王子市のオトパこと「お父さんお帰りなさいパーティ」で講演してきました。 「未来の仲間の見つけ方」というなかなか素敵なタイトルですが、…

客体化プロセスを変換するには?

仲間がどんどん減っていく! 対処法は「客体化プロセス」を変換すること

共に活動していた仲間が抜けてしまう。 活動していると、仲間が去るのは避けられないことですが、中心で活動を支えている人には、なかなかつらい…

古い線路大2

「脱・就活」「脱・婚活」のススメ

「就職おめでとう!」「結婚おめでとう!」 生活のなかでよくつかわれる「おめでとう!」ですが、 「本当におめでたいのかよ」と思うこと、…

ページ上部へ戻る