© 新しい日常を創るためのベースキャンプ All rights reserved.

客体化プロセスを変換するには?

仲間がどんどん減っていく! 対処法は「客体化プロセス」を変換すること

共に活動していた仲間が抜けてしまう。
活動していると、仲間が去るのは避けられないことですが、中心で活動を支えている人には、なかなかつらい出来事ですよね。転居や病気など、様々な理由があるでしょう。よくあるのは、「だんだん疎遠になって来なくなってしまう」というパターンです。
仕方のない別れがある一方で、運営的な努力で避けられた別れもあるのではないでしょうか?

クラス横長バナー

「行けたら行くよ」と言われたときの気持ちって…

「次の集まり、いつがいい?」

と尋ねると、以前はカレンダーを前に「どうしようか?」といっしょに考えていた人が、いつのまにか、

「どうぞ決めてください。行けたら行きますので…」

となってしまう。中心で活動していると、内心「ええ〜っ?」となる一言だ。こちらは「仲間」だと思っていた相手に、ある日、「お客さん」みたいな態度でちょっと距離を取られてしまう。こんな経験はないだろうか?

どんなときに「客体化」が起こるのか?

主体的に活動していた仲間が、お客さんみたいになってしまう、こういうのを「客体化」と言う(客体化の反対は主体化)。なぜ、どのようなプロセスで、「客体化」が起こるのだろうか?

活動の目的が気に入らないとか、他にやりたいことができたとか、はっきりしたケースは別にいい。今回注目するのは、知らないうちにはじまる「小さな客体化」についてである。

例えば、会議机を並べていたとしよう。

その日の参加者は12名。途中でちょっとだけプロジェクターを使いたい。古参メンバーの一人であるあなたは、会議室で机を配置しようとしている。

そこへ早めに何人かの人がやってきて、そのうちの一人が、あなたにこう尋ねた。

「机はどうやって並べればいいですか?」

あなたは、別に「机を並べる係」でもなければ、「その会議の責任者」でもない。ただ、たまたま早めに来ただけだ。そんなあなたに、「机を並べるなら、自分もいっしょに」という気持ちで、その人は声をかけてきた。

回答A(指示型):「縦が2台、横が1台で並べてください」
回答B(相談型):「きょう12名なんです。どう並べたらいいかなぁ」

別に、一芝居打て、言っているのではない。もちろん、古参メンバーであるあなたには、「こう並べればいい」というアイデアがあるだろう。それを「指示」のような形で伝えることもできるし、「相談」することもできる。

早く机を並べるなら、断然、指示型の回答Aだ。さくっと並べて終了! すぐに会議がはじめられる。
でも、「小さな客体化」が起こらないように配慮するなら、相談型の回答Bも捨てがたい。ちょっとしたやりとりで、結論にたどりつけるだろう。

Aさん「ああ、それじゃあ、3人がけだから、机4つをロの字に組めばいいですね」メルマガバナー小 あなた「4つあれば座れるんですけど、◯◯さんが、報告でプロジェクターを使いたいって言ってたんですよ」
Aさん「あ、それなら広い方がいいかな?」
Bさん「この白い壁をスクリーンにしちゃいますか?」
Aさん「コンセントはここでいいかな?」

あなた「届きそうですね。それじゃ、横長に配置しましょうか?」
Aさん・Bさん「そうしましょう」

結果、もしかしたら、あなたが想像していたよりもいい配置ができるかもしれないし、やはりあなたが始めに思いついた配置の通りになるかもしれない。いずれにしても、全く異なるプロセスが展開されている。

気を付けるべきは「小さな客体化」

「指示」を受けると、相手は受け身にならざるを得ない。しかし、「相談」の場合、いっしょに考えて決断する必要がある。

前者は小さな客体化のプロセス。後者は小さな主体化のプロセスだ。この2つのプロセスは、まったく別の意味を持つ。そして、その場での結果は同じでも、一歩下がって見れば、大きな違いを生み出す。

会議机をだれが並べるかなんてどうでもいいだろう、と思われるかもしれない。もちろん、会議机の配置は、ここでは大きな問題ではない。でも、ちょっとした場面で「小さな客体化」が起こると、会議での発言や、また別の場面で、またその「小さな客体化」のプロセスが進行していくかもしれない。

そんなことを繰り返していると、次の会議を決めようとしたとき、こう言われるのだ。

「次の会議の日時? 行けたら行きますので、みなさんで決めてください。」

「客体化プロセス」を「主体化プロセス」に変換する

自分が関係していることが、自分の知らない間に決まったり、進められたりすると、その人は客体化してしまう。これは、瞬間的に起こる。

もちろん客体化しない人もいるが、多くの空気を読んで波風が立たないように行動する人は、客体化せざるを得ない。主体的にふるまうならば、「あれ? いつだれが決めたんですか? 私も担当だけど、知りませんでした」みたいなことを言わなければならない。そこには小さな緊張感が生まれるだろう。(そんなこと、別にどうでもいいと僕自身は思うが、まぁ人それぞれだ。)

ちなみに、空気を読む/読まない以前に、「担当者が関知しないのに、決まっている」という状態は、責任と権限の問題、位置づけの問題、いずれの観点から考えてもおかしい。どこかで越権があるはずだし、責任の所在が明確でなくなっている。こういう客観的な組織の成り立ちを、組織の構成員がしっかり理解することはとても大切なのだが、この話は長くなるので改める。

中心で運営している人が気を付けるポイント

中心で運営をしている人は、「マメに連絡・相談をする」といい。「客体化」しそうな立ち位置の人にこそ、マメに連絡をする。そして、どういう順番で情報が広がれば、客体化ではなく、主体化のプロセスとして展開できるのか、段取りを考えてから情報を広げていこう。同じ情報でも、伝える順番を間違えると、人は瞬間的に客体化してしまう。
例えば、会議に来ない人がいるとする。決まったことを後で伝えれば済むのだが、それは客体化プロセスになる。主体化プロセスにするには、こんな順番になる。

(1)欠席連絡があった人に、会議の前に、電話を入れる
(2)議題を伝え、「ここまでは決めておくけどいい?」と確認する
(3)実際の会議では、「欠席の◯◯さんとは電話で話して、ここまでは決めておくよと、了解をもらっています」と全体化する

例えばこんな手間をかけると(もちろんめんどうなのだが)、会議を休んだ人は、議題を把握しているし、「進めておいてください、お願いします」と自然に言える。会議では、不在の人と会議を進めている人が電話で事前に話し、内容を了解していることを知らされ、欠席者を自然に認知する。客体化プロセス

主体化プロセスこんな例もある。4名のチームがあって、たまたま居合わせた3名で話していて、前回のミーティングでの懸案事項についての解決策を思いついた。さっそく実行して、解決し、そこにいなかった人に「解決したよ」と連絡する。これも場合によっては、客体化プロセス(知らないうちに決まってしまった!)になる。主体化プロセスに変換するには、

(1)不在だった1名に連絡して、たまたま居合わせた3名で思いついた経緯と、解決策のアイデアを伝える
(2)「どう思う?」と意見を求める(それが明確な解決策なら、当然「いいね!」とその人は言うだろう)
(3)メンバー全員で確認が取れたという事実を全員に伝え、解決策を実行する

客体化を食い止めるのは、順番を考慮したマメな連絡・相談、直接のやりとりが効果的だ。これがコツなので、ぜひ覚えておいてほしい。

いつまでも反省したり、罪悪感を持たないこと

一人ひとりが主体的にかかわれる「場づくり」をしていても、人が去って行くことはある。やりたいことが異なる、気持ちが変わった、いろいろな理由があるだろう。去って行く人に、その理由を聞けないこともあるかもしれない。痛みを伴う経験もあるだろう。

人が去ることは、運営に不備があったからとは限らない。中心で運営している人は、なにもかも背負い込まないことが大切だ。不備がない運営というのは、生身の人間には不可能だ。万能な場など、存在しない。他人を幸福にする責任など、あなたにはないのだ。

一度そのことにしっかり向き合ったら、いつまでも囚われないこと。
いつまでも振り返ったり、反省したり、罪悪感を持たっりしないこと。
そして、いまのあなたにできる「最善の方法」をとること。

「場づくり」ができるのは、いつも「いま・ここ」だけ。過去や未来に「場」はつくれない。目の前の「場」への集中。場をつくる人は、このことを忘れないでほしい。

*長田英史のメルマガ「場づくりのチカラ」無料購読

*NPO法人れんげ舎主催「場づくりクラス」

Comments

comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


場所と場は別物

場所と場はべつもの。大切にすべきなのは?

NPOや市民活動団体のもっともよくある悩みは、 「活動の場所がない」というものだそうです。 みなさんは、活動の場をどう考えていま…

地域の居場所づくり

子どもから高齢者まで? 「地域の居場所づくり」の盲点

「地域の居場所」を作ろうという活動は、かなり前からさかんです。 社会福祉協議会などは「地域サロン」などの居場所づくりを推進していますし、市…

オトパ201503

未来の仲間のみつけ方 〜団体と市民はどう出会うのか?〜

八王子市のオトパこと「お父さんお帰りなさいパーティ」で講演してきました。 「未来の仲間の見つけ方」というなかなか素敵なタイトルですが、…

古い線路大2

「脱・就活」「脱・婚活」のススメ

「就職おめでとう!」「結婚おめでとう!」 生活のなかでよくつかわれる「おめでとう!」ですが、 「本当におめでたいのかよ」と思うこと、…

会議の沈黙への対処法

会議でだれも発言しない?「沈黙」のタイプ別3つの対処法

会議の悩み、じつにいろいろ寄せられています。 「同じ人ばかりが話していて、演説みたい」 「意見を求めても、し〜んとしてしまう…」 …

ページ上部へ戻る