© 新しい日常を創るためのベースキャンプ All rights reserved.

場所と場は別物

場所と場はべつもの。大切にすべきなのは?

NPOや市民活動団体のもっともよくある悩みは、

「活動の場所がない」というものだそうです。

みなさんは、活動の場をどう考えていますか?

自前の場所を保有したり賃貸するとなれば、

事務所であれ、運動場であれ、
一軒家であれ、店舗物件であれ、
どれもこれも高コスト!

その場所が持てないから、活動が出来ない…と。

でも、それは本当に正しいのでしょうか?
「場所」と「場」は、まったくの別物です。

「場所」は、地図上に座標で示せる地点のこと。
そこには広場があったり、施設があったりします。

それでは「場」とはなんでしょう?
ちょっとイメージしてみてください…。

気が置けない仲のいい友だちどうしで集まると、
リラックスした雰囲気が出来ます。

そのメンバーだからこそ話せる話題、本音。
普段の生活では得られない、安心感や充実感があります。

その「場所」が、だれかの自宅でも、カフェでも、
旅先でも、快適さや趣の差こそあれ、そこに生まれる
共通した雰囲気や可能性──それが「場」です。

「場」とは、建物というより、むしろ人間関係です。

僕は仕事柄、様々な「場づくり」の現場を訪問します。
<「場」先行パターン>
場所はないけれど、公共施設などで活動の場を持っている

<「場所」先行パターン>
場はないけれど、自前の施設や店などの場所を持っている
意外に思われるかもしれませんが、難しいのは後者です、
なにかの関係で、場所だけが先にあるパターンです。

場所だけをみて、「この場所いいな~!」と思えるような、
そんな素敵な場所であればあるほど、
場所に惑わされてしまう可能性が高まります。

「場所」ではなく、「場」をみてください。

場所が持てないと嘆く前に、場づくりしてみましょう。
いい場ができると、チカラが湧いてきます。

ただ、活動の性質によって、場所が必要な場合もあります。
例えばシェルター的な活動は、いくらそこの場がよくても、
やはり常設の施設=場所が必要です。

それでもやはり、大切にすべきなのは、目の前の場です。

高コストな「場所」の問題にはすぐに取り組めなくても、
よい「場」にするための努力は、すぐに始められます。

(初出:メルマガ「場づくりのチカラ」2013/11/25号)

Comments

comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


客体化プロセスを変換するには?

仲間がどんどん減っていく! 対処法は「客体化プロセス」を変換すること

共に活動していた仲間が抜けてしまう。 活動していると、仲間が去るのは避けられないことですが、中心で活動を支えている人には、なかなかつらい…

オトパ201503

未来の仲間のみつけ方 〜団体と市民はどう出会うのか?〜

八王子市のオトパこと「お父さんお帰りなさいパーティ」で講演してきました。 「未来の仲間の見つけ方」というなかなか素敵なタイトルですが、…

会議の沈黙への対処法

会議でだれも発言しない?「沈黙」のタイプ別3つの対処法

会議の悩み、じつにいろいろ寄せられています。 「同じ人ばかりが話していて、演説みたい」 「意見を求めても、し〜んとしてしまう…」 …

場づくりクラス

求める場は自分でつくれる! 場づくりクラス2015開講

「中高生の頃、いつでも行ける場があって、とても助けられました。でも、いまはそういう場がどこにもないから、どうすれば自分で作れるのか、それを知…

地域の居場所づくり

子どもから高齢者まで? 「地域の居場所づくり」の盲点

「地域の居場所」を作ろうという活動は、かなり前からさかんです。 社会福祉協議会などは「地域サロン」などの居場所づくりを推進していますし、市…

ページ上部へ戻る